So-net無料ブログ作成
検索選択

師走

毎年の事だから慣れてはいるが、今年もこの2ヶ月近くは、良くも悪くも仕事に時間を費やした。
ボリュームとしてはそんなに多くはないのだが、とにかくそれに結びつく事柄が面倒。

本当、あっと言う間に時間が過ぎ、師走だけにし忘れること発生しまくり。

休日に身体を休める事すらし忘れて友人に誘われるまま、イベント行ったり食事もした。

ただ、来年もこんな感じじゃよくないな。

自分を省みよう。


UNTIE

年末に向けて仕事が忙しくなってくる。
ストレス発散の遊びすらできなくなるだろうから、遊べるうちに行っておこう。

明日はJAZZY SPORT6周年イベントROOMであるけど、こっちに行きます。

UNTIE.jpg
http://www.heavysick.co.jp/zero/index.html

KIYOにYASにKENSEIだなんて!

-SPACE AND REALITY-

orista_space_and_reality.jpg

展示期間:10月31日(土) - 11月14日(土) open 18:00 close 24:00
クロージングパーティー:11月14日(土) open 19:00 close 24:00
会場:麹町画廊 東京千代田区麹町3-4-2

originalstyleことコウ君が個展を開く。
前回行けなかった分、楽しみ。

蒲田スタジオ時代が懐かしいなぁ。

http://orista.jp/
http://www.cbc-net.com/topics/2009/10/originalstyle_exhibition_space.php

彼方からの手紙

何気にスチャダラの曲の中で一番好きかも。
昔、清水ミチコが司会の深夜番組でスチャダラが出てて、そこで流れたのがこれ。
屋久島らしい。




不毛地帯

blog用.JPG

本棚整理してたら、あった。
一時期、古本を買いあさって読みまくってた親父のものか。
有○堂でバイトしてた読書好きの母のものか。
結構気になる。

テレビでやること知らずに、1ヶ月程前から読み始め、テレビで始まる前に読み終えた。

キャスティング、秋津千里が小雪、兵頭が竹野内豊は良いかなと思った。
壱岐はいつまでたっても自分の中にイメージできない。つかみどころがないんだな。

テレビはほぼ観ないが、週1回楽しみができた。

(古本だからか5巻ではなく4巻だった。)

CMWC2009

絶対に出たほうがいいよ!
日本では(次)いつできるかわからないんだから!

参加することに意義がある。
楽しもう!

心の中で決めかねていたところに、本職メッセンジャーの方々の言葉に背中をポンっ
と押された感じでエントリー。


特にこれといって練習するわけでもなく、仕事で疲れて乗れない、乗らない日々が続いて
初参加。


初日は寝坊して11時50分に会場着。
もちろん、楽しむどころではなく、緊張。
試走なんてできたの!?しようにも時間切れ。

結局、一度もコースを試走することもできず不安倍増の中、意を決してスタート。

まわりを見ると、みんな伝票に書き込んだり、コースを練ったりしてる。
真似してやってみたけど、普段やらないことだし、訳わかんなくなってきたし、コース走ってもないんだからということで無駄な時間を過ごし、本当にスタート。

とにかく走りながら地図見てやったけど、何十回間違ったことか。
頭の中グルグルしながら、必死でやった。
とにかく失格だけはイヤだ!完走したい!

結果、155位。
時間はギリギリだったけど、きちんと荷物を運んだから減点なしだった。
獲得した金額の方が優先されるらしく、300人近く走った中では真ん中。
こういったレースには初参加。試走なしの割には頑張ったと自分で納得。


2日目もゆっくり会場入りして、メインレース決勝を観戦

6.JPG

gishi2.JPG

5.JPG

1.JPG

shino.JPG

3.JPG



スキッドも見ごたえ十分。
skid2.JPG

skid.JPG


スプリント参戦。
踏み出しミスったし、加速しても追いつけず。実力不足。
でも、もう楽しい気持ちの方がでかくて、そんなことどーでもよくなってた。

sprint final.JPG
スプリント決勝


みんなの表情が人間らしくて。
喜怒哀楽さまざま。
笑顔が一番多かったから、本当嬉しかった。
kazz3.JPG

kobayashi-san.JPG

ccpkota.JPG

kitao-san.JPG

1sway&karl.JPG

再会.JPG

グループ.JPG

swamp.JPG
お店持った方がよい

tomzo.JPG
この方疲れすぎ

aoringo.JPG

s.JPG

atushikun.JPG
弾丸Skid最高だったぜ!

ninnjya.JPG
やはり日本だね

スタッフの方々、関係者の方々、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました&お疲れ様でした。

これからも街中でメッセンジャーを見る度に、気持ちが高ぶるのは確実です。

keirin style.JPG

bangking2009

行ってきました、bnagking2009
bangkingflyergifss.gif
5日位前にTomzoさんから想定外のお誘いを頂き、勢いだけで行くことに。
ただ、見るだけってのもなんだからということで、前日にエントリー。

結局、出発何時間か前に取り替えるパーツやらレーサーパンツなど購入するなど、ドタバタ状態
のまま28日深夜都内を出発。

前日からほぼ不眠状態だったので、自分は後部座席で爆睡・・・
6時間程かけて石川県へ到着。

朝市で魚食おう!&買おう!って事で、会場入りする前に海鮮丼食べたりしてプチ観光
でっかい風車が見え始めて、ボルテージ↑

主催者の方に挨拶し、タイヤなど交換。
都内でも有名なメッセンジャーの方々も来ていて、みんな本気モード。
セッティングも完璧な感じ?

勢いだけでエントリーしたのにちょっと後悔。
先週ちょこっと乗ったくらいだし、ギア比も3.0で調整全くしてないし。


最初の競技は、1000mTT。
最初の200mを立ちコギでスピードをつけ、トップスピードまでもっていき、シッティングしてスタート!
みんな早いし、体力あってビックリ!
自分は最初の加速つける時点ですでに疲れ果て、1000mを走りきることがやっと。

1000mTTの成績を元に、次の競技スクラッチのクラス分けがされました。
下から何番目かだったので、もちろん一番下のクラス。
スクラッチとは8000mをいち早く走りきるかって競技で、メイン集団(一番トップの人)に追い抜かれたら(つまり周回遅れになった時点で)失格。
20周走ることすら大変なのに、先頭に抜かれたら失格だなんて・・・

女性の方(しかも45歳!)がめちゃくちゃ凄くて、結局、10周(4000m)走った時点で失格・・・
男として情けない。あっさり玉もってかれました。
yahatasun.JPG

近くの銭湯へ行って身体を癒し、BBQ会場へ。
1時間程遅れて行った頃には、大体の方が出来上がってました。
朝市で買った魚介類も好評で、blue-lugご一行様も面白くて、最高だった。

日焼けと、あきらかに日頃の運動不足からくる筋肉痛に見舞われた2日目。
競技は競輪とエリミネーション。

競輪はルールがわかっているからな!なんて思っていたら、組み合わせをみると
メッセンジャー2名(都内でも有名な方)とblue-lugの方々と一緒。
blue-lugの方々は、自転車SHOPというだけあって初日も素晴らしい走りだったので、なんとか
着いて行きたい!

5番手でうかがって走っていたけれど、やはりJANがなってからの加速には着いていけず、ビリ。
頑張ってブービー狙ったけど、REW10のオーダーフレームに乗ったアゼミさんにあっさり抜かれてしまいました。
IMGP1395.JPG

最後の競技エリミネーションは自分の体力と帰宅後の疲れに恐れを抱き、棄権。
見るだけでも自分の苦しい状態がかるく想像できたので、ほっとしました。
でも、見る側に回ると気楽に見れますな。

IMGP1314.JPG


セミファイナル.JPG


IMGP1388.JPG



tomzosan.JPGIMGP1283.JPG


帰宅時間を考慮して、閉会式を待たずして、一足先に帰路へ。
帰りも6時間程かかったけど、(運転はTomzoさんとCCP久保君に任せっぱなしでしたが)
本当に楽しい2日間でした。

主催者の方をはじめ関わった全員に感謝です。
Tomzoさん、CCP久保君、本当にありがとう。

自分の基礎体力と根性のなさを痛感したと同時に来年に向けて身体を鍛えたいと思います。
bangkingT.JPG

佐久間君

川崎で彼の生業を見れるのは、嬉しい限りです。



http://yosukesakuma.jp/top.html

チャリ買い物→競輪観戦

昨日は友人が自転車買うの付き合った。

2年程前に譲ったTokyo Bikeがパンクしまくりで、いい加減イヤになったらしい。

自分が乗ってた時は1回くらいしかパンクしなかったのにな・・・なんて思っていたけど、
本人は相当ストレス溜まっているらしく、「タイヤが細すぎる!もうトラウマになってるんだよ」と。

ほぼ自転車(の車種)を見るというより、タイヤを見てました・・・

SURLYの1X1=11見て、これ位がいいって。
これ位って。
パンク恐怖症だということが重々わかりました。

他の希望はなかったので、ぬかやで薦められたGARY FISHERとSURLYのクロスチェック
そして来年のモデルから台湾メイドになるCannondale BADBOYの3点で絞ることに。

渋谷のCannondaleで物色して、BADBOYを購入する事に決定!?かと思いきや・・・
後日、結果を教えてもらうことにしました。

その後、川崎に戻って、そのまま川崎競輪へ。
gooove君やレペゼン川崎 カズト君に会ったり。
自分はいつも観る1コーナー辺りで出走表と格闘。
4レースやって1レースのみビンゴ。
もう1レースは3連単きそうだったのに・・・あの2番!!最後踏ん張れなかったか。

9Rで見事逃げ切った小原太樹選手、21歳という若さだけど頼れそう。
最終周の板確認する余裕あったもんなぁ。
観てて気持ちよかったぜ。
http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/membprofile?SNO=014462

帰宅後、マラソン観て、あらためて中国の方の精神力の強さを感じました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。